国立自然史博物館

  • © Muséum National d'Histoire naturelle

国立自然史博物館 57,rue cuvier 75005 paris fr

パリ左岸5区には、その歴史をルイ13世の時代に遡る、非常に古い植物園があります。

敷地内には、散策にもお勧めの美しいフランス式庭園の他、博物館や動物園、植物学校などさまざまな施設が設置されています。中でも特に有名なのは18世紀からの歴史を持つ国立自然史博物館。比較解剖学と古生物学の博物館(Galeries d’Anatomie Comparée et de Paléontologie)では脊椎動物とその子孫である現在の動物たちの6億年の歴史を紹介しています。進化大陳列館(Grande Galerie de l’Évolution)ではリアルな剥製を照明や音響効果と共にドラマチックに展示して、動物の進化過程を解説しています。

園内、奥の方にはかなり大きな温室(Grandes Serres)があり、熱帯植物、砂漠やニューカレドニアの珍しい植物を育てています。動物園(Ménagerie)では1800種類の動物(その内、3分の1は絶滅の危機に瀕している動物たちです)を見ることができます。植物園の歴史について更に考察を深めたい方は併設の無料図書館(Cabinet d’histoire )へも足を運んでみて下さい。

最寄駅: メトロ5番線・10番線 «Gare d'Austeritz»  メトロ7番線、10番線 «Jussieu»   メトロ7番線 «Place Monge»   メトロ7番線 «Censier-Daubenton»   RER・C線 «Gare d'Austeritz»

詳細情報