オルセー美術館

  • © Musée d'Orsay

  • © Musée d'Orsay Sophie Boegly

オルセー美術館 1,rue de la Legion d'Honneur 75007 Paris fr

印象派、彫刻など19~20世紀の作品群

館内にはマネ、ドガ、モネ、ルノワール、ゴッホなど印象派巨匠の作品がずらりと並び、同時にミレーやクールベ、ピュヴィ・ド・シャヴァンヌの名作、カルポー、ロダン、マイヨールの彫刻作品など、美術史の上でも重要とみなされる時期の、4000に及ぶ作品(絵画、彫刻、写真、装飾芸術、建築)を鑑賞することができます。

その建築的特徴から、天窓の採光を取り入れた構造となっており最良の光が差し込む中で、作品を愛でることが可能となっています。

オルセー駅からオルセー美術館へ

1900年7月14日、万国博覧会の開催に合わせて中央ターミナル駅オルセー駅の落成式が行われました。1900年から1939年までの間、オルセー駅は、南西フランスへの交通で重要な役割を果たしました。1939年に廃駅となったのち、1977年に、オルセー駅を19世紀美術館とすることが、当時のヴァレリー・ジスカール・デスタン大統領の発案で決定されます。1978年、建物は歴史建造物に指定され、1986年12月1日、パリの新しい見どころとなる美術館が、当時のフランソワ・ミッテラン大統領によってオープンしました。現在、オルセー美術館のゆったりとして明るい館内には、印象派の優れたコレクションを中心とする1848年以降の彫刻と絵画が展示されています。

最寄駅:
メトロ12号線 «Solferino»
RER・C «Musée d'Orsay»

 

 

詳細情報