ポンピドゥー・センター

ポンピドゥー・センター Place Georges Pompidou 75004 paris fr

オールジャンルのヴィジュアル・カルチャー発信拠点

建築家レンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースによるエスカレーター、エレベーター、配管を全て外に出した斬新な建築がパリの中心地現れたのが1977年。

 

毎年20近い専門分野別、又はテーマ別の特別展が開催され、スペクタクル、音楽、ダンス、演劇、パフォーマンス、映画といったプログラムも充実しており、異なる分野間の相互作用が追求されています。

 

国立近代美術館はコレクション品数6万5000点という、ヨーロッパでは最大規模の近代絵画コレクションを所蔵しており、ピカソ、カンディンスキー、マティス、シャガール、レジェ、ミロ、ダリ、デュビュッフェ、クラインといった近代絵画の巨匠の作品のほか、ビュレン、ボルタンスキー、トゥオンブリー、ウィドマー、ガルーストといった現代造形アーティストの作品を展示しています。

 

またポンピドゥー・センター内の公共情報図書館(Bibliothèque Publique d’Information)の入館は無料で、誰でも利用できます。さらに近・現代美術史の研究者向け情報・資料センター、そしてコンサートや毎年6月には「アカデミー・フェスティバル」が開かれる音響音楽研究所(Ircam)もあります。

 

 

最寄駅:
メトロ1号線・4号線・11号線 «Rambuteau»,«Hôtel de Ville»,«Châtelet» 
RER A・C «Châtelet -Les Halles»

 

Related videos

 
 

Sponsored videos