ニームで Rendez-vous

  • © ATOUT FRANCE JAPON

  • © ATOUT FRANCE JAPON

  • © ATOUT FRANCE JAPON

ニームで Rendez-vous nimes fr

フランス最古のローマ都市

フランス最古のローマ都市ニームには、円形闘技場を始め、古代神殿のメゾン・カレ、マーニュの塔、ディアヌの神殿、ポン・デュ・ガールなど、ローマ時代の荘厳で見事な建築が遺構として数多く残され、訪れる人々に2000年前の歴史を物語っている。

ローマ時代の名残を留めたこれらの歴史遺産は、現代建築の諸施設と絶妙な調和が図られている。例えばノーマン・フォスターのニーム近代美術館、カレ・ダール(現代美術センター&マスメディア資料館)、黒川紀章が手がけた総合施設「コリゼ」、ジャン・ヌーヴェルのネモージェス集合住宅、マルシャル・ライスのアサス広場など近代を代表する偉大なデザイナーが手がけた施設である。

ありのままの姿と途方も無いスケールで、古代と現代の二元性が見事に融合した都市ニームは、穏やかで華やいだ雰囲気の中、南仏に降り注ぐ太陽の日差しの下、ユニークな都市空間を創り出している。

 

主要な史跡・文化施設

円形劇場 Amphithéâtre
紀元1世紀末に建設されたニームの円形劇場で、古代ローマ・ガリア時代の建築物の中でも最大級を誇る。保存状態もよく、往時の姿をよく留めている。2万人を収容できる劇場では、当時、闘牛や闘技が行われていた。現在では、オーディオ・ガイドやマルチメディア・スペースで、闘技や闘牛の映像が楽しめる。  

メゾン・カレ Maison Carrée
コリント式装飾の柱頭を特色とする古代神殿で稀に見る保存状態の良さで知られる。紀元1世紀にニームの中心部に建設された。現在は3Dによる立体映像を神殿内に映し出しており、見学者が古代から現在までの歴史的な旅ができるようになっている。

古代集水場 Castellum
ポン・デュ・ガールからニームまで引かれた水路の終点にあたる古代集水場。ポンペイ(イタリア)の分水場と並び、古代ローマ時代の名残をそのままに留めた稀有な集水史跡のひとつ。

カレ・ダール Carré d’Art
建築士ノーマン・フォスターが手がけた現代美術センター&マスメディア資料館で、近代芸術の神殿といえる。外観はシンプルなガラスで覆われ、1993年の竣工以来、マルチメディアや音響資料館、メディアセンターを収容、ニームの近代美術館として市民に親しまれている。市街地で近代アートを鑑賞できるという点では、パリのポンピドゥーセンター宛ら。かつてのフォロ・ロマーノ(ローマ都市)中心部に建てられたメゾン・カレは、周囲のローマ都市の空間とも見事に調和している。

 

主要なイベント

フラメンコ・フェスティバル FESTIVAL FLAMENCO  : 
円形劇場で毎年1月に開催。スペインの高名なアーティストだけでなく、南フランスで生き続けるアンダルシアの伝統芸術を引き継ぐ多くの地元アーティスト、歌い手やギタリスト、ダンサーも出演。

ペンテコステの闘牛イベント FERIA DE PENTECÔTE  : 
聖霊降臨という新約聖書のエピソードのひとつ、ペンテコステの時期に合わせて6月の6日間と9月の3日間だけ行われるフェリア祭。闘牛はもちろん、街に放たれた雄牛を馬に乗ったガードマンが統率する勇壮なアブリヴァドや、アブリヴァドの後に雄牛を収容するために先導するバンディドがみどころ。そぞろ歩きのついでにファンファーレを聞き、ダンスバーのボデガでセビリアンヌのダンスを深夜まで踊り、カマルグやセビーリャの街でパエリアを賞味、コンサートに耳を傾け、夜のマルシェを散策・・。楽しみは尽きない。

ニームの木曜日 LES JEUDIS DE NîMES :
7月~8月までの毎週木曜夜に開催されるマルシェ。工芸品や絵画、アンティーク小物、特産品など。ニームの市街地に点在する複数の史跡前広場で開かれるユニークなマルシェ。ジャズやブルース、フラメンコなど、哀愁漂う旋律を思う存分楽しめる音楽コンサートもあり。

ニーム・フェスティバル FESTIVAL DE NÎMES :
7月~8月の間の数日間。ニームの円形闘技場では、フェスティバルを機に数多くのコンサートが開催され、多くのスター客を迎える。近年の出演アーティストはイギリスのロックバンド、レディオヘッドやアメリカのレニー・クラヴィッツ、シンガーソングライターのビョーク、メタリカ、デヴィッド・ボウイ、スティーヴィー・ワンダー、ジャミロクワイなど。

南仏国際アートフェア ARTENIM :
9月。プロのギャラリストやアート出版社、アート関連の学校、その他才能にあふれた新人アーティストが参加して70余りの出展者を中心に開催されるアートフェア。国内だけでなくカナダ、韓国、日本、スペイン、イタリアなど海外からプロのアーティストも多数参加。

 

シャルル・ド・ゴール空港からのアクセス

 飛行機で来る場合:
最寄り空港はモンペリエ空港(所要45 分)、マルセイユ空港(所要1時間)。

鉄道で来る場合:

直行のTGV線で所要2時間50分。