レユニオンで Rendez-vous

  • © Droits réservés

  • © Atout France / PHOVOIR

  • © Atout France / PHOVOIR

  • © Atout France / PHOVOIR

  • © Atout France / PHOVOIR

  • © Atout France / PHOVOIR

  • © Atout France / PHOVOIR

  • © Atout France / PHOVOIR

レユニオンで Rendez-vous 974 Saint Denis re

ひとつの島、ひとつの世界・・。

インド洋に浮かぶレユニオン島は、南半球にある唯一のヨーロッパ領土です。ここでは、フランスの領土ならではの安全面と近代性が保証された中、トロピカルな異国情緒ある雰囲気を満喫することができます。マダガスカルから東に800㎞のところに位置するレユニオン島は、モーリシャス島とロドリゲス島とともにマスカリン諸島の一部を成しています。

レユニオン島は、ピトン・デ・ネージュ山(標高3069m)、ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ山(標高2632m)の2度の火山活動により、山を取り囲むようにして形成されたカルデラによって形成されています。これらの山の姿は、まるでインド洋に寝そべっているかのよう。ピトン・ドゥ・ラ・フルネーズ山は活火山であり、今日も時おり噴火活動が観測されることがありますが、溶岩流など観光面での危険はありません。レユニオン島では、びっくりするほど高い山の頂き、緑の生い茂る森など、壮大な自然の風景をご覧になれます。

総面積2500平方キロメートルからなる広大なレユニオン島では、多彩な、非常にコントラストに富んだ風景を楽しむことができます。
• レユニオン島の緑:手つかずの森林、3つの自然圏谷(トレッキングによりアクセスできるマファト圏谷、沢山の滝や断崖、繁茂した草木からなるサラジ圏谷、山の中間、突然切り立ったように現れる村が印象的なシラオ圏谷)
• レユニオン島の青:サン・ジル、サン・ルー、サン・ピエールのサンゴ礁.
• レユニオン島のゴールド: 島の左半分側(風圧を受けない側)の海岸、30 kmにわたって続く細かく柔らかい砂のビーチ
• レユニオン島のマルチカラー:庭園、熱帯花、クレオール独特の民家

まさに天然のスタジアムとも言えるレユニオン島では、水面下40mで行うマリンスポーツから地上3000mを超す空中スポーツまで、約70の異なるアウトドアスポーツが用意されています。島の北部では、1000㎞に渡ってトレッキング道が整備されていて、マウンテン・バイク、四輪駆動車、徒歩で楽しんで頂くことができます。パラグライダーやヘリコプター、超軽量エンジン付き飛行機で、サン・ジルの上空を飛行し、起伏に富んだ景色をご覧になって忘れられない空の旅を経験なさるのも良いでしょう。またクロカジキやキハダマグロなど 大魚釣りに挑戦するのもお勧めです。

17世紀から本格的な入植がはじまったレユニオン島は、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、インドなどから集まった様々な民族が共存し、まるで虹色とも言える、さまざまな肌の色をした人々が一緒に暮らしております。こういった歴史により島内ではおのずと‘温かいもてなし’の文化が発達しました。カレーからルガイユまで、スパイシーでバラエティーに富んだクレオール料理は、幾つかの文化が融合して生まれたものです。 どのような食通をもうならせる美味しい料理を是非ご賞味ください。

レユニオン島では、どのような旅人も心から歓迎して迎えています!

是非訪れたい場所 
• 活火山の見学、シラオスの渓谷巡り、ピトン・デ・ネージュのトレッキング
• サトウキビの製糖工場  ボワ・ルージュ(Bois-Rouge)の見学、島のさとうきび栽培と製糖過程の見学
• 食通が集うサン・ポール地区のマルシェ
• 特産品バニラ:バニラ会館 (Maison de la Vanille)のガイド付見学。島で採取された高品質で芳しい香りのブルボン種の発見


基本情報
■首都:サン・ドニSaint-Denis.
■入国方法: EU圏、 欧州経済領域(EEE)参加国、アンドラ、モナコ、スイスに居住の場合、ビザは不要、身分証明書の提示のみ。その他の国からの入国者で3カ月以上滞在する場合は、有効期限内の通常パスポート、身分証明書が必要。
■パリとの時差 : + 3時間(冬時間)、+ 2時間(夏時間)
■通過 : ユーロ
■気候 : 熱帯性気候
■気温 : 5月~11月の寒季は島の上部で15° C、海岸部では25°C。12月~4月の温かい時期は海岸部で30°C
■アクセス
ローラン・ギャロス国際空港は首都サン・ドゥニから10㎞、サン・ジルから51㎞の場所にあります。レユニオン島サン=ドニを本拠地とするエール・オーストラル社Air Austral、またはエール・フランス社Air Franceにより、週に20以上の直行便が運航しています。コルセールフライ Corsairfly社でもフランスの主要都市とレユニオン島間の直行便を運航しています。平均飛行時間は11時間です。
上記の航空会社は、欧州の各航空会社と提携し、ヨーロッパ圏の主要都市から出発する便に、訪問可能都市を設け、中継するヨーロッパ圏内の都市を経由しながらレユニオン島へ入る便を用意しています。

一目惚れするホテル&スパ施設
Le Saint Alexis Hôtel & Spa



Related videos

 
 

Sponsored videos