リヨン旧市街の路地、トラブール

  • Muriel Chaulet

    Muriel Chaulet

リヨン旧市街の路地、トラブール 69005 LYON fr

こちらからあちらへ通り抜け。トラブールとは、ラテン語で建物群の内部の通り道を意味する言葉で、リヨン独特のものです。ルネッサンス様式の建物が、ピアノの鍵盤状の中世の区画に沿って建てられています。長く細い区画が並行する二つの道で区切られているのです。できるだけ多くのスペースを確保するため、横断する道はほとんどありませんでしたが、トラブールのおかげで、遠回りせずに一つの道から他の道へ移動できるのです。リヨンならではの独特の迷路を探検してみましょう。アクセス:地下鉄D号線ヴィユー・リヨン下車。

見どころ

見どころ