サン・セルナン聖堂  八角形の鐘楼

サン・セルナン聖堂  八角形の鐘楼 31200 TOULOUSE fr

11世紀から12世紀に建てられ、13世紀から14世紀に増築したもので、ロマネスク様式の教会としてフランスでもっとも大きな物だという。

高さは67メートル。

この八角形の塔は目を惹き付けて止まない。

この八角形の鐘楼はトゥールーズの独自なものだと言う。

 

それにしてもこの建物、関東大震災で倒壊したかつて浅草にあった凌雲閣に似てませんか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%8C%E9%9B%B2%E9%96%A3#/media/File:Jintan_12kai.jpg

 

 

アクセス:地下鉄カピトル駅かジャンヌ・ダルク駅下車。

 

凌雲閣に思いを馳せる@トゥールーズ度★★★☆☆

見どころ

見どころ