フルヴィエール大聖堂

フルヴィエール大聖堂 69005 LYON fr

リヨンの町を見下ろすフルヴィエールの丘にそびえるフルヴィエール大聖堂は、リヨンを代表する建築物です。19世紀末に、建築家ピエール・ボッサンによって設計され、費用は献金によって賄われました。聖母アリアに捧げられた建物で、大聖堂の最上部に聖母像をいただいています。

八角形の4つの塔を配したバジリカ式大聖堂は、当時としては珍しい様式。外部は建物の巨大さに反し質素で、ビザンチン様式を取り入れた華やかで豪奢な内部とは対照的。ある種の象徴性を感じさせるつくりが、人々を暗闇から光のもとへといざないます。白い外観の建物は、夜になるとライトアップされ、リヨンの街のどこからでも見ることができます。

アクセス:地下鉄ヴィユー・リヨン下車、その後ケーブルカーでフルヴィエールへ。見学時間と通年料金:通年で7時15分から18時。

詳細情報

見どころ

見どころ