教皇庁

  • Palais des Papes - Avignon

    Palais des Papes - Avignon

    © Atout France - Phovoir

教皇庁 84000 AVIGNON fr

教皇のお引越し。ベネディクト12世とクレメンス6世が建てさせた教皇庁は、「世界で最も美しく強固な家(フロワッサール)」であり、今も残る中世の最も巨大な要塞です。その後、教皇特使や教皇特使補佐が住み、15世紀以降兵舎として使われ、1906年から様々な補修がなされてきました。教皇庁は、ピエール・ポワッソンとジャン・ド・ルーブルが手掛けた建築や、サン・ジャン礼拝堂とサン・マルシアル礼拝堂内のマッテオ・ジョヴァネッティの見事なフレスコ画など、14世紀の建築と絵画の研究にとって比類なき豊かな遺産を持っています。アクセス:アヴィニョン駅からTGVシャトルでアヴィニョン・ポスト下車、その後バスで教皇庁まで。見学時間と入場料:2011年9月1日木曜日から15日木曜日まで:毎日9時から20時まで。2011年9月16日金曜日から11月1日火曜日まで:毎日9時から19時。2011年11月2日水曜日から12月31日土曜日まで:毎日9時30分から17時45分まで。割引料金:7€、正規料金:8.5€

見どころ

見どころ