シャンボール城

シャンボール城 41250 CHAMBORD fr

城と二重らせん

1519年に建設が始まったシャンボール城は、もともとは狩猟のために建てられた城で、封建時代とイタリアの影響が入り混じっています。

中央の主塔と城郭に囲まれた4つの塔、王のアパルトマンと礼拝堂を含む2つの翼棟を持ち、ほとんど手が加えられていない当時のままの構造を今も残す唯一の王家の城です。

有名な二重のらせん階段は、レオナルド・ダヴィンチの作品です。

囲いのある森としてはヨーロッパ最大の全長32㎞の壁で囲まれた総面積5440haの森林公園の中に位置しています。

 

アクセス:トゥール駅かブロワ駅下車、5月から9月はブロワとシャンボールを結ぶシャトルバスがあります。

見学時間:2011年8月17日水曜日から9月30日金曜日までの9時から18時15分。2011年10月1日土曜日から12月31日土曜日までは、平日9時から17時15分まで。

詳細情報

見どころ

見どころ