アゼ・ル・リドー城 Château d'Azay-le-Rideau

  • P. Müller/CMN, Paris

    P. Müller/CMN, Paris

    © Façade sud

アゼ・ル・リドー城 Château d'Azay-le-Rideau 37190 AZAY-LE-RIDEAU fr

豊かな森に囲まれたアンドル河畔の美しい古城。

トゥールの南西約27キロ、豊かな森に囲まれたアゼ・ル・リドー城は、ロワール河の支流アンドル川の畔で、その美しい姿を水面にうつしています。こじんまりとしていながらも均整のとれた優雅な佇まいは、文豪バルザックが‘アンドル川に煌めくダイヤモンド’と評したほど。アンドル川の中州にそびえる城館は、フランソワ1世の時代に、フランスの建築技術とイタリアの装飾を融合して建てられたものです。当時、この城は初期のフランス・ルネッサンス建築を代表する傑作の一つとされました。フランス豊かな森に囲まれたアンドル河畔の美しい古城。

トゥールの南西約27キロ、豊かな森に囲まれたアゼ・ル・リドー城は、ロワール河の支流アンドル川の畔で、その美しい姿を水面にうつしています。こじんまりとしていながらも均整のとれた優雅な佇まいは、文豪バルザックが‘アンドル川に煌めくダイヤモンド’と評したほど。アンドル川の中州にそびえる城館は、フランソワ1世の時代に、フランスの建築技術とイタリアの装飾を融合して建てられたものです。当時、この城は初期のフランス・ルネッサンス建築を代表する傑作の一つとされました。フランス革命後、城は荒廃し放棄されてしまいますが、貴族議員であったビヤンクール侯爵に売られ、19世紀に彼の子孫によって、城の外側と内部の大規模な修復工事が行われました。ルネッサンス様式を取り入れ、塔や、城館内部の図書室と大広間、ビリヤード室が造られたことでようやく城は完成し、現在私たちが知っている姿となっています。

アクセス:SNCF アゼ・ル・リドー駅Azay-le-Rideau. 

 

見どころ

見どころ