サン・レミ・バジリカ聖堂 Basilique Saint-Remi

サン・レミ・バジリカ聖堂 Basilique Saint-Remi 51100 REIMS fr

クロヴィスの足跡を辿って。

11世紀初頭に建設が始まったサン・レミ・バジリカ聖堂は過剰な装飾がないシンプルな造りの聖堂で、北フランスにおけるロマネスク・ゴシック様式の傑作と言われています。教会の名は、5世紀に、フランク人の王クロヴィスにキリスト教改宗の洗礼をしたランス司教サン・レミに由来しており、聖堂内にはサン・レミの遺体が安置されています。サン・レミ・バジリカ聖堂は1007年の建設着工以来、幾度もの修復作業が繰り返されたため、ロマネスク様式(身廊)、ゴシック様式(内陣)、ルネサンス様式(内陣のコロネード)が共存した独特の造りとなっています。第一次世界大戦中、ドイツ軍の空襲や砲撃を受けたため聖堂は壊滅的な被害を受け、その再建には40年の歳月を要しました。現存する聖堂は1919年以降に再建されたもので、内部にはロマネスク時代の面影はほとんど残っていないものの、12世紀のステンドグラスが保存されています。バジリカ聖堂に隣接する旧大修道院は、今日サン・レミ修道院博物館となっており、多数のカトリック彫刻遺産を展示しています。

 

1991年に聖堂、旧大修道院ともにユネスコ世界遺産に登録されています。
アクセス:SNCFランス駅ReimsよりFarman行きのバス(F線)にのり「サン・レミSt-Rémi」下車。オープン時間:8:00~19:00

見どころ