ヴォー・ル・ヴィコント城 Château de Vaux-le-Vicomte

ヴォー・ル・ヴィコント城 Château de Vaux-le-Vicomte 77950 MAINCY-VAUX-LE-VICOMTE fr

ル・ノートル作の見事なフランス庭園。
17世紀、ルイ14世の財務長官だったニコラ・フーケが大金を投じて建造したヴォー・ル・ヴィコント城。城のあまりの美しさにルイ14世の不興を買い、フーケは国家財産横領罪で生涯投獄されてしまった、という曰くつきの城です。フーケは、当時最高の芸術家と言われた、建築家ル・ヴォー、造園家ル・ノートル、室内装飾画家シャルル・ル・ブランを城の建設に従事させ、後の宮殿建築に大きな影響を与えるような壮大な城を完成させました。城館入口をくぐると、正方形の玄関広間の向こうに有名な楕円形サロンがあり、その奥に庭園が広がっています。建物は、ドームを頂く中央の城館と両端の棟(一方が国王のアパルトマン、反対側がニコラ・フーケのアパルトマン)からなっています。各広間には化粧漆喰や金箔、絵画装飾が施された素晴らしい内装がされており、フーケ財務長官の豪華居室「ミューズの広間*」は特に見どころとなっています。
(*広間の名は、シャルル・ル・ブランが描いた素晴らしい天井のミューズ9人に由来)
アクセス:SNCFムラン駅 Melunよりヴォー・ル・ヴィコント城直通のシャトルバスを利用(週末、祝日のみ運行)オープン時間::3月19日~11月13日の木曜~火曜日10:00~18:00 料金:一般14ユーロ、割引11ユーロ、6歳以下無料、休み:1月1日、12月25日

見どころ

見どころ