グラン・パレ国立ギャラリー

  • © Atout France/Franck Charel

グラン・パレ国立ギャラリー 75008 PARIS fr

全長240メートル、高さ45メートルの規模を誇るグラン・パレは、1900年、パリ万国博覧会のメイン会場としてシャンゼリゼ大通りとコンコルド広場の中間に建設されました。4人の建築家が設計に携わったグラン・パレは、19世紀末の建築様式をそのまま取り入れた鉄骨とガラス張りの屋根が印象的な建物で、今日ではパリのシンボルタワーのひとつとなっています。

 

当初は、主に展覧会や見本市の会場として建設されたものでしたが、1964年、時の文化相アンドレ・マルローの要請により、建築家ピエール・ヴィヴィアンが建物の一部を国立美術館に改装したことで、国際的な、見ごたえある大規模な企画展が開催できる場となりました。これまでにジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥール、ギュスターヴ・クールベ、シャルダン、モネ、ニコラ・プッサンなどの、さまざまな時期の巨匠を取り上げた展覧会が行われています。

 

アクセス:メトロのシャンゼリゼ・クレマンソー駅Champs-Elysées – Clemenceau、RER C線のアンヴァリッド駅Invalides

詳細情報

見どころ

見どころ