ナントのブルターニュ大公城

  • © Château des ducs de Bretagne - Nantes

    © Château des ducs de Bretagne - Nantes

ナントのブルターニュ大公城 Nantes fr

ナントの中心街という理想的な場所にあるブルターニュ大公城は、ロワール川が大西洋にそそぐ最後の場所にあるロワール渓谷の城であり、ヴァル・ド・ロワール地方の歴史を締めくくる存在とも言えます。城内にはナントの歴史博物館があり、大公たちの歴史を知ることができる同時に、城壁の上からは、ナント市内を見渡すことできます。

 

1/優美な金冠の塔の美しさに感銘を受ける。

2/真っ白な15世紀の大公城を見学する。

3/新塔の牢獄の囚人によって書かれた落書きを見つける。

4/防衛塔や跳ね橋など、城の防衛設備を見つけて楽しむ。

5/巡回路を歩いて、衛兵のように城を警備してみる。

 

ブルターニュ大公城:城壁の中にある大公の館

堀や中庭を見学した後、城壁にそって歩いてみましょう。城壁の上からは、スレート葺きの屋根が立ち並ぶナントの町が見渡せます。外側を花崗岩の壁に囲まれた城内には、15世紀から建築が始まったブルターニュ大公の優雅な宮殿があります。城は、その後、フランソワ2世の命で再建され、彼の娘で二度フランス王妃となったアンヌ・ド・ブルターニュによりさらに美しく手を加えられました。石灰岩の一種のトゥファという石造りの白亜のファサードを持つこの大公の居城は、ゴシック・フランボワイヤン様式とルネッサンス様式が美しく調和した城です。

 

城内にあるナント歴史博物館

ブルターニュ大公城の中にはナント歴史博物館があります。800点の品が展示されており、ナントとブルターニュ地方の結びつきや、奴隷貿易、ナントの産業史など、歴史上の重要な出来事を通じて、ナントの歴史のすべてを知ることができます。解説ボードやフィルム、バーチャルな復元図などマルチメディアを駆使した展示も数多くあり、過去の世界を浸り、歴史への理解を深めることができます。