Loire-Day5

Day5:ロワール川、アンジェ城Day5:ロワール川、アンジェ城

ANJOU(アンジュ)の一日。この日訪ねた場所は、かつてフランス革命以前はアンジュと呼ばれた地域です。クレームダンジュと、たまにフランスのデザートで耳にした事がある方がいるかもしれませんが、フランス語でcrémet d'Anjouと書くように、この地域のデザートの事を指しています。

ロワール川とワイン
LOIRE VINS AVENTURE

船乗りでもあり、ワイナリーを経営しているDenisさんの船。船に乗り、ロワールの色々な中洲や川の事をご説明してくださるだけでなく、船上でご自身のワインを御馳走してくださいました。なんともフランス的な時間!

ランチ(洞窟レストラン)
LA CAVE AUX MOINES

ロワール川沿いには、石切り場跡が洞窟として残っており、そちらではキノコ栽培をしたり、レストランを経営しています。田舎の伝統的なお料理を提供してくださるここでランチをしてみました。石釜でその場で焼かれる田舎パンの美味しい事!取って置きのデザートはこちらのパンにニュテラを塗ったもの!なんともボリューミーですが美味しくてついつい食べてしまいます。

きのこ

きのこ栽培をしているところも、実際見学可能。洞窟の中は、左右に分かれてとても広く、かたつむりを育てている(フランス人が大好きなエスカルゴ)穴もありました。

コアントロー
CARRÉ COINTREAU

有名なリキュールのコアントロー。このオレンジリキュールが生まれたのはこの地方。工場を見学できるショップはとても美しく、カクテル作りまで習ってしまいました。

アンジェの街並み
ANGERS LOIRE TOURISME

フランス西部、大西洋に面するペイ・ド・ラ・ロワール地域圏の首都であるアンジェの街は、古い歴史のある場所です。街の中心にあるアンジェ城は、タピストリーの展示で大変知られています。5日目にして、初めて普通のショッピングが出来る街に来たので、今回の旅で初めてスーパー巡りやショッピングも楽しんでしまいました。

アンジェ城
CHÂTEAU D'ANGERS

アンジェ城からは街一体が眺められ、そのタピストリーで知られています。街の中心に存在するこのお城も必ず寄りましょう。城塞でもあったこのお城ですから、眺望が広がり街並みを眺めるテラスがあります。

ディナー
Bistrot de Carmes

川辺にある地元のレストランは、繊細なお味で日本人の口にもぴったり。美味しいロワール地方のワインを合わせて食べて、これ以上望むものはないという優雅な時間を過ごしました。

ホテル
HOTEL CONTINENTAL

徒歩で戻れる、これまた街中の便利なホテル。快適な旅を邪魔しないステイを提供してくれました。

Photo by Mizuki Itakura