Loire-Day2

Day2:シャンボール城Day2:シャンボール城

サンセールから、125キロ。車で2時間移動すると(パリからは2時間弱)、何もないところに突如として現れる巨大な美しいお城は、ユネスコの世界遺産に登録されているシャンボール城です。フランス・ルネサンスの精華として世界的に知られたこの城は広い森に囲まれた領地を持ち、ヨーロッパ最大の庭園が広がっております。全体の面積はパリ市内と同じ広さがあり、この深い森には動物たちが住んでいる上、中を車で散策することが可能です!

お堀を船で

なんと、さすが、フランス!と思わされたのは、城のお堀を自分たちの運転の船で回れること!もちろんスピードが出るものではありませんが、水辺からみた城の全体像は圧巻です。

(今回3人は、船で城外を楽しみましたが、カートや馬車でも城の周りをめぐることができます。徒歩で楽しむと壮大な距離になってしまうので、ぜひこの楽しみ方をお勧めします。)

お城・ランチ

とにかく広いシャンボール城ですが、お城の入り口にはテラスレストラン、クレープ屋さん、お土産屋さんがあり、休憩を取るのも簡単です。今日のランチは、こちらのビュフェで済ませました。夏の光がとにかく優しく心地よいフランス。テラスで食べて、沢山のお日様を浴びるのをおススメします。(日よけの傘はもちろん設置されています!)

城内見学

AR技術を利用して館内の説明を読めるiPadの貸し出しサービスを試しました。もちろん、日本語対応です。シャンボール城は、フランス・ルネサンス期を代表するフランソワ1世(1494-1547)が建てたお城ですが、日本でも名高い、あの太陽王、ルイ14世(1638-1715)も利用したことでも有名な場所。ヴェルサイユだけでなく、歴史あるロワール川沿いのお城を見てこそ、フランスのお城を実感できます。

テラス

テラスから望むフランス式庭園も圧巻。城内は、18世紀のアパルトマン(続き部屋は広間)と、調度品で飾られています。城内を巡ることは、500年の歴史を遡ることです。

4WD

森に囲まれた領地の中を巡るサービスガイドもあり、今回の旅では、4WDで森の中を案内してもらいました。野生の鹿やイノシシに出会う事が出来て大興奮。

ホテル
LA MAISON D'À CÔTÉ

シャンボール城を丸一日堪能するのに最適な場所にある、シャンボール城からは7kmほど、車で10分のところにあるホテルに宿泊しました。距離だけでなく、ホテル自体もとても楽しめる場所で、モダンで快適な上、併設のレストランが二種類ありますい。カジュアルレストランの方で頂きましたが、隣のレストランは一つ星レストランで、その時の気分に合わせて選ぶと良いでしょう。田舎に泊まるとお食事処に困ることが多いのですが、ここではそんな問題にぶつかることがありません。

ディナー
CÔTÉ BISTRO

デザイン性のある心地よい空間のビストロでは、田舎のホテルとは思えない洗練されたお味、そして素敵なお皿と、3人とも大興奮!

Photo by Mizuki Itakura