駅舎の旅-ダンフェール=ロシュロー駅

駅舎の旅-ダンフェール=ロシュロー駅 3 Place Denfert-Rochereau, 75014 Paris fr

駅舎の旅-ダンフェール=ロシュロー駅(Gare de Denfert-Rochereau)


ダンフェール=ロシュロー駅はパリのメトロ、およびRER B線の駅として現役である。

1846年にパリとソーを結ぶソー線のligne de Sceauxのターミナル駅として開業した。そのためこれほど立派な駅として作られたのだろう。当時の駅名を見ると驚くのだが、今日ダンフェールDenfertと書かれているところがgare de Paris-d'Enfer(パリ=アンフェール)となっていて「地獄」d’enferとなっている。「パリ=地獄駅」となっていたわけで、その理由は当時ここはパリ市外で、パリに入るための門があり、それが「地獄門」Barrièr d'Enferだったからである。これを知ってこのダンフェールの魅惑的な音の理由に合点がいったのと同時に、不吉なので辞書にもない綴りにしたのだろうと推測できた次第。

住所 3 Place Denfert-Rochereau, 75014 Paris

この駅舎の立派さと地名の由来も同時に分かる有意義な駅舎度★★★★★

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細情報