駅舎の旅-サン・ナゼール駅

駅舎の旅-サン・ナゼール駅 place Pierre-Semard 44600 Saint-Nazaire fr

駅舎の旅-サン・ナゼール駅(Gare de Saint-Nazaire


1857年にパリ=オルレアン間をつないだ鉄道が伸張し1857年にサン・ナゼールに至った。1866年に駅舎の場所は移動、港に近い場所となり、ここから船に乗りアンティル諸島、メキシコ、ギアナへと人々は向った。

この美しくもロマンチックな海外への旅情と結びついた駅が作られた。だが、第二次大戦時に爆撃を受け、駅舎の破壊は免れたが街の8割が破壊されたため、駅は町の中心部へと移ることになり1950年に完成し、路線も変るとことになった。

旧駅舎は現在劇場になっている。

 

住所 place
Pierre-Semard 44600 Saint-Nazaire

 

たしかに駅舎とはある種の劇場である度★★★★★