駅舎の旅-コルマール駅

  • © Atout France/Jean François Tripelon−Jarry

駅舎の旅-コルマール駅 9 place de la Gare  68000 Colmar fr

駅舎の旅-コルマール駅(Gare de Colmar)


 この駅舎もアルザス=ロレーヌ地方がドイツ帝国だった時期に作られた駅舎。初代駅舎は1842年に開設され、現在の駅舎は1907年に建てられた2代目。新ルネッサンス様式とこの時代のドイツの代表的な芸術運動、ユーゲント・シュティール様式が取り込まれている。ユーゲント・シュティールとは中央ヨーロッパでの新しい芸術潮流で日本で他にも「青春様式」などと訳されることがある。https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gare_colmar.jpg

ファッサードの丸みや時計台の尖塔などフランスにはない趣に思われる。https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Colmar_Train_Station.jpg



住所 9 place de la Gare 68000 Colmar

 

ユーゲント・シュティール様式で作られた駅舎としてはウィーンのカールスプラッツ駅(Karlsplatz Stadtbahn Station)などと比べた場合、太刀打ちできそうにはありませんが度★★★☆☆

 

 

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ