駅舎の旅-ジャヴェル駅

駅舎の旅-ジャヴェル駅 Rond-point du Pont-Mirabeau  75015 Paris fr

駅舎の旅-ジャヴェル駅(Gare de Javel)


RER線の駅舎。1900年の開設。かつてのル・アーブルの駅舎を設計したことでも知られるジュスト・リシュによる設計。「パゴット」などと言われる建築様式で仏教建築を意識したもの。確かにそうも見えなくもないが、仏教建築風と言われてみて見ると、昔のハリウッド映画の中の「日本」のような感もあり、日本人的としてみると少し心中複雑になるかもしれない。とは言え、かなり珍しいタイプの駅舎で可愛らしい建物である。


住所 Rond-point du Pont-Mirabeau 75015 Paris


お寺の風の駅も作ってみました度★★★☆☆

詳細情報