駅舎の旅-パリ東駅

駅舎の旅-パリ東駅 Rue du 8 Mai 1945 75010 Paris fr

駅舎の旅-パリ東駅(Gare de l'Est)


パリ東駅の開設は1849年のこと。その名の通りフランスの東部、さらにはドイツ、ルクセンブルク方面へ向う列車のターミナル駅である。しかしながら東にあるわけではなく、パリ北駅のわずかばかり東に位置しているに過ぎない。そもそもの駅名はembarcadère de Strasbourg (ストラスブール桟橋)駅、その後パリ・ストラスブール駅となり、ようやくその後に現在の駅名になった駅である。搭乗の際にき駅舎を間違えないようお気をつけください。2007年にはLGV東ヨーロッパ線開業により、ストラスブール、ナンシー、メッス、シャンパーニュ地方のランス、バーゼル、ルクセンブルク、シュトゥットガルト、チューリッヒへ行くTGVが開通し新たな旅の出発点となった。

歴史的にはコンスタンティノープル(イスタンブール)へ行くオリエント急行一番列車(1883年10月)の始発駅となった駅である。


住所 Place du 11 novembre 1918 75010 Paris


東への旅情度★★★★★

詳細情報