駅舎の旅-パリ北駅

駅舎の旅-パリ北駅 112 rue de Maubeuge 75010 Paris fr

パリ北駅(Paris-Nord、Gare du Nord)


パリ北駅はパリの北にありRERとメトロの路線ではガール・デュ・ノール(Gare du Nord) という駅名が使われるが、TGVなどの遠距離、国際路線ではパリ・ノール(Paris-Nord) となる、ややこしい駅名でもある。

この駅からの国際列車はロンドン、ブリュッセル、アムステルダム、ケルン、ハンブルク、ベルリンへ、国内ではリール、ダンケルク、アラス、カレーなど北へ向かう。東京で言えば上野駅的な役割である。

1846年に開設されたこの駅はすぐに手狭となり、1860年には敷地を拡張した。

1861年からジャック・イトルフの設計による現駅舎の建設が始まり、1865年に完成した。鋳鉄製の柱に高い屋根は支えられ、一見で駅全体が見渡せる、とても分かりやすい駅である。これもターミナル駅の長所であるといえる。

その昔はロシア方面への「北急行」やロンドン行「フレッシュ・ドール」といった列車の始発駅であり、日本からシベリア鉄道経由でフランスに向かった列車の多くは当駅に到着したという、実に旅情あふれる駅舎である。

1965年公開のゴダールやシャブロルらが短編作品を監督したオムニバス『パリところどころ』ではジャン・ルーシュが監督した『北駅』の舞台となっている。


住所 112 rue de Maubeuge 75010 Paris

パリでも北へ向う駅には旅情あり★★★★★