駅舎の旅-バイヨンヌ駅

駅舎の旅-バイヨンヌ駅 Place Pereire 64100 Bayonne fr

駅舎の旅-バイヨンヌ駅(Gare de Bayonne)


ホルドー、ダックス間の路線が延び、バイヨンヌまで開通したのは1854年のこと。そのため初代駅舎はターミナルであった。現在の壮麗な駅舎となったのは1918年。ベル・エポックの様式で建てられた。

ほとんどパリにある駅ににているなぁ、と思ったのだが、パリのリヨン駅から発想を得て設計されたという。確かにパリのリヨン駅と比べてみると、横幅はリヨン駅のほうがずっと長いが外見は確かにそっくりである。


住所 Place Pereire 64100 Bayonne


バイヨンヌにもパリ=リヨン駅あり★★★☆☆