駅舎の旅-ビアリッツ駅

駅舎の旅-ビアリッツ駅 allée du Mourra  64200 Biarritz fr

駅舎の旅-ビアリッツ駅(Gare de Biarritz)


この駅の成り立ちは込み入っている。1864年にバイヨンヌ-アンダイエ間が開通した1864年に開設された。このときはビアリッツ=ラ・ネグレスGare de Biarritz -La Négresse駅と呼ばれた。だが町の中心地から3キロほど離れていたので1911年にビアリッツ=ヴィルGare de Biarritz-Ville駅が作られた。アール・デコ様式のルーアンの駅舎も設計したアドルフ・デルヴォーによって設計された。そのためビアリッツ=ラ・ネグレスGare de Biarritz -La égresse駅はラ・ネグレスLa Négresse駅と名を変えた。

ところが自動車の普及ととも、車を運ぶ貨物線としての需要が高まり、ビアリッツ=ヴィルGare de Biarritz-Ville駅はカートレインの駅として使われ、その後、都市計画の見直しで廃線となってしまったのだ。ビアリッツ=ヴィルGare de Biarritz-Ville駅は現在貸しホールとして利用されることとなり、一方のビアリッツ=ラ・ネグレスGare de Biarritz -La Négresse駅はビアリッツGare de Biarritz駅となり、この二駅は70年ほど共存した後、再び一駅となり今日に至る。


住所 allée du Mourra 64200 Biarritz

    

どちらも素晴らしい駅舎だったのですが。。。ところで二駅となったのは何か政治的な問題だったのでしょうか度★★★☆☆