駅舎の旅-モンペリエ=サン・ロック駅

駅舎の旅-モンペリエ=サン・ロック駅 Place Auguste Gibert, 34011 Montpellie fr


駅舎の旅-モンペリエ=サン・ロック駅(Gare de Montpellier Saint-Roch)

 

モンペリエと言えばオクシタニー地域圏の中核都市。大学や企業の集まる地域である。ということは巨大な駅がありそうな予感がすのだが、予想通り大きな駅である。現在残るのは2代目、1844年産の駅舎である。新古典主義様式で作られ、石柱は見事な物である。内部も古典的な装飾に鉄骨は隠されている。中核都市であるので駅はますます拡張する。TGV(新幹線)が計画されると1階ホールは200平方メートルから400平方メートルまで巨大化、さらに増え続ける乗客を裁くために2階がガラスの屋根で覆われた広いホールも作られた。古き良き駅舎のファッサードを残しつつ現代の変化にも対応する見事な対応だと思われる。

 

住所 Place Auguste Gibert, 34011 Montpellier


新古典主義様式の柱が迎える迫力の駅舎度★★★★☆