駅舎の旅-ヴィシー駅

駅舎の旅-ヴィシー駅 1 Place de la Gare 03200 Vichy  fr

駅舎の旅-ヴィシー駅(Gare de Vichy)

 

ヴィシーといえば第二次大戦時の1940622日の停戦条約の後、ここヴィシーはドイツには占領されず、フランスの首都となった場所である。理由としては温泉地であるためホテルが多く、臨時の庁舎を置くのに都合が良かったのだという。温泉の出る首都ならば、それは癒されること間違いなし。そうした事情でヴィシーはフランスの首都となり「ヴィシー政権」と呼ばれた。 

現在の駅舎は1970年以降、駅舎の近代化がはじまり、2005年完成の建物は現代的な事象に対応すべく配慮がなされたものになっている。https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Gare_de_Vichy.JPG

その並びに佇む旧駅舎の壮麗さにも見惚れることになるだろう。 


https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Vichy_-_Gare_SNCF_C%C3%B4t%C3%A9_porte_d%27entr%C3%A9e_PLM.JPG

だが、実はこの部分は近代化された時期に多くの部分が壊されてしまったが再興を望む声が多かった。そこでそこでバリアフリー等に対応できる駅舎を作り、かつての駅の復元をし、2009年に完成した。

温泉や水を飲みに行った際は駅舎もお楽しみ下さい。 

住所 1 Place de la Gare 03200 Vichy

 

美しい駅への愛着はどこでもやはり深いものがあります度★★★★★