駅舎の旅-マントゥノン駅

駅舎の旅-マントゥノン駅 8, place Pierre-Semard  28000 Chartres fr


駅舎の旅-マントゥノン駅(Gare de Maintenon)

 

1849年にヴェルサイユとシャンティエールを結ぶ路線の駅として開設される。1937年に路線の電化の際にエペロン駅Épernonとマントゥノン駅の間に移動。第二次大戦時には爆撃を受けて壊されてしまう。戦後の再建際、フランスの電車のおもちゃ、日本で言えばプラレールのようなおもちゃであるジュエフ社Jouefの駅舎からヒントに駅舎が作られた。

ありそうでなかったおもちゃのような駅、ようやく実際のおもちゃの駅をヒントにようやく出現したのである。


住所 8, place Pierre-Semard 28000 Chartres


マントゥノンと読むが郷愁あり度★★★★☆