駅舎の旅-シャルトル駅

駅舎の旅-シャルトル駅 Place de la Gare  28130 Maintenon fr


駅舎の旅-シャルトル駅(Gare de Chartres)

 

世界遺産であるシャルトル大聖堂に程近く、電車で行く場合は最寄り駅となる。1878年に新古典様式で作られた。1934年に再建。ル・アーブル駅やカーン駅を設計したアンリ・パコンHenri Paconがこの駅も設計。基本、正面真中には背の高い窓をつくりホールを作る様式は同じであり、彼のこだわりか。

試行錯誤の跡も感じさせず、迷いなく作られたかのような印象を与え、一つの様式を完成させた趣が感じられる。


住所 Place de la Gare 28130 Maintenon


駅舎に設計者の特徴あり度★★★★☆