駅舎の旅-サン・トメール駅

  • © Xavier Alphand

  • © A. Bénard

  • © Samuel Dhote

  • © Xavier Alphand

  • © Eric Desaunois

  • © Eric Desaunois

  • © Xavier Alphand

  • © Max Lerouge

駅舎の旅-サン・トメール駅 Place du 8 mai 1945  62500 Saint-Omer fr

駅舎の旅-サン・トメール駅(Gare de Saint-Omer)

 

1848年に開設されたが、手狭になったため移転、現在残る駅舎は1904年に開設した建物である。https://fr.wikipedia.org/wiki/Fichier:GareSaint-Omer.jpgmedia/File:Gare-Saint-Omer-CPancienne.jpg

時計台もあり、駅舎ということで最大限の採光を得るために窓が大きく採られているのでやはり駅舎ではあるが、石造りの端正な姿はかつての貴族の館のようなシックな姿である。中央の建物は第二次大戦機に爆撃されたが1948年に建て直された。現在は改修工事がされており2019年の暮れには工事終了ということになっているが如何に。


ノール・パ・ド・カレ地方の駅はどれも異なっているようだ度★★★☆☆

 

見どころ

見どころ