駅舎の旅-ルーべ駅

  • © Xavier Alphand

  • © A. Bénard

  • © Samuel Dhote

  • © Xavier Alphand

  • © Eric Desaunois

  • © Eric Desaunois

  • © Xavier Alphand

  • © Max Lerouge

駅舎の旅-ルーべ駅 Place de la gare  59100 Roubaix fr

駅舎の旅-ルーべ駅(Gare de Roubaix)

 

ルーべRoubaixからクールトレCourtrai間を結ぶ線が1842年に開通した際に開設された。その後、リールまで伸び、さられブリュッセルへと伸張した。現在に至る駅舎は1884年にシドネー・デュネSydney Dunnettによって設計されたものだ。鉄とガラスで作られたいかにも当時の先端の方法でホールを自然光で満たす作りになっているが、このホールの両脇はレンガ積みの古典的な建築物で固め、さらに屋根の上には鉄とガラスの建物には不釣合いにも見える古典的な作りの時計台が聳えている。https://fr.wikipedia.org/wiki/Fichier:Gare_de_Roubaix.jpg

改装したカーン駅のようにモダンに仕上げるという手もあったのでしようが、そうはしなかったところがこの駅舎の面白みか。


駅舎はやはり時計台にこだわらねば度★★★☆☆

 

見どころ

見どころ