駅舎の旅-コトゥレの旧駅舎  ミディ・ピレネー地方

  • © D. Viet

  • © D. Viet

  • © D. Viet

  • © D. Viet

  • © D. Viet

  • © D. Viet

  • © D. Viet

  • © D. Viet

駅舎の旅-コトゥレの旧駅舎  ミディ・ピレネー地方 Avenue de la Gare 65110 Cauterets fr

駅舎の旅-コトゥレ(Gare de Cauterets)の旧駅舎

 

旧コトゥレ駅はトラムで結んでいたPierrefitte – Cauterets – Luz (PCL線)の駅。この線が段階的に廃止され、コトゥレは1949年に廃線になった。現在は駅舎を残すのみだが、この駅は珍しいことに木造建築である。ものの本によればこの駅は1889年の万国博覧会のノルウェーのパヴィリオンの一部をなしていたものだという。そのためフランスには珍しい木造の駅となったようだ。それにしてもどのようなつながりでここまで運ばれてきたのだろうか。。。これから行く人には是非調べてもらいたい。1889年のパヴィリオン。今となっては文化遺産である。

(写真参照、https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Cauterets_gare.JPG)

 

最寄駅はルルド駅。ルルドは鉄道が開通することにより巡礼者を集めた近代的な「聖地」と言える。ここによってからコトゥレの旧駅舎に寄るというは鉄道ファンの巡礼か。

 

アクセス; 廃線になってしまったので。。。SNCFフランス国鉄、ルルド駅から33キロ。車で35分ほど。

 

駅に歴史あり度★★★★☆

 
 
 
 

Related videos

 
 

Sponsored videos