ダルタニャン 『三銃士』の英雄、ガスコーニュの英雄

  • © CRTA

ダルタニャン 『三銃士』の英雄、ガスコーニュの英雄 32000 Auch fr

 

デュマの小説『三銃士』に登場するので、物語の登場人物、キャラと思われがちだが、本名はシャルル・ド・バツ=カステルモールCharles de Batz-Castelmoreであり、実在の人物である。とは言え、軍人としての活躍は歴史に名前を残すほどではないので、小説でのキャラのほうが活躍しており、創作上の人物としての知名度が高いのはいかんともしがたい。実際はリールの総督になったということで、まずまずというところだが、小説では元帥にまでなっているのだから。

偽回想録『ダルタニャン氏の覚え書き』(1700年、何故かオランダで出版)が元になり、デュマの『三銃士』でさらに膨らみを持つ物語となったが、この偽回想録を書いたクールティル・ドゥ・サンドラスはダルタニャンの下で働いていたというから、人望があり、相当面白い人だったのかもしれん。

オーシュAuchにダルタニャン像がある。

ガスコーニュに幸あれ!!度★★★★★

見どころ