エルザ・トリオレとルイ・アラゴンの家━作家の家━イル・ド・フランス地方

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

エルザ・トリオレとルイ・アラゴンの家━作家の家━イル・ド・フランス地方 Moulin de Villeneuve Rue de Villeneuve 78730 St ARNOULT EN YVELINES fr

シュルレアリストであったアラゴンは1928年にパリのカフェ、ル・クーポールでエルザ・トリオレElsa Triolet出会った。彼女はロシア生まれだが、1918年にロシアを離れ、1919年にパリにやって来た。小説を書いていた彼女はモンパルナスに住みレジェやデュシャンと交流していた。その後も小説を書き続け1945年にはゴンクール賞を受賞している。アラゴンはシュルリアリストとして中心的な役割を果たしつつ、レオ・フェレのシャンソンの歌詞をも書くなどしながら、フランスの左翼系ジャーナリストとして新聞社の仕事をした。戦中はレジスタンスとして大義があったが戦後の冷戦期も共産党員として熱烈にスターリンを支持したこともあり、評価が難しくなった人でもある。。。

そんなアラゴンがエルザに送ったのがサン・タルノー・オン・ニヴリーヌSt ARNOULT EN YVELINESのなんと6ヘクタールもあるという土地の家である。緑麗しい。居間はエルサがロシア風に設えたものだ。


アクセス ; SNCFでランブイユGare de Rambouillet駅下車、駅からタクシー。15kmキロほど。RER
C線ではドゥルダン Gare de
Dourdan駅、駅からタクシー。10キロほど。


アドレス; Moulin de Villeneuve Rue de Villeneuve 78730 St ARNOULT EN YVELINES


ホームページ; http://www.maison-triolet-aragon.com/ 

 

困難な時代を生き延びることのシュルレアリスト的難易度★★★☆☆

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ