パリ市立近代美術館━万博会場美術館━パリ

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

  • © CRT- ILE DE FRANCE

パリ市立近代美術館━万博会場美術館━パリ 13, avenue du Président Wilson 75116 Paris Paris fr

パリ市立近代美術館━万博会場美術館━パリ

 

(他の建物から美術館に転用した美術館のご紹介)

そもそも、なぜパレ・ド・トーキョーと呼ばれるのか、と言えばセーヌ川沿いのドゥビリ河岸Quai Debillyを第一次大戦の同盟国、日本の帝都にちなみ1918年に「東京通り」(Avenue de Tokio)と名づけ、通りに面したこの建物もパレ・ド・トーキョーと名付けたからだ。今日それが分かりづらいは、この東京通り、第二次大戦中に「ニューヨーク通り」(Avenue de New-York)になってしまったからである。(それにも関わらず建物の通称はパレ・ド・トーキョーのままだった。その埋め合わせか、パレ・ド・トーキョー前の広場が「東京広場」Place de Tokyoとなった。)

1937年のパリ万博に合わせて「近代美術宮殿」(Palais des Musées d'art moderne)として落成し、万国博会期中はフランス美術の20世紀に至る歴史を概観する展覧会が行われたこの建物、コンペにはル・ゴルビュジェらも参加したがJean-Claude Dondel、 André Aubert、 Paul Viard、 Marcel Dastugueらのグループが勝ち抜いた。計画にあった上層階の会議室などは実現しないまま終わった。万博後も美術館として利用され、第二次大戦中は地下室はユダヤ系市民から没収した資産の倉庫に使われ、その後も紆余曲折を経てパリ市立近代美術館として2002年1月22日開館した。

コンクリートで、アール・デコの様式で作られつつもファサードに並ぶ列柱を有するこの建物、通の名前の変遷、利用のされ方を含め、30年代、40年代という時代を反映することになったと言えよう。


アドレス; 13, avenue du Président Wilson 75116 Paris

ホームページ;http://www.palaisdetokyo.com/


グラン・パレ、プティ・パレと比べてどうにも万博の祝祭的雰囲気がないのも時代のせいか。。。度★★☆☆☆

Related videos

 
 

Sponsored videos

 
 
 
 

見どころ

見どころ