駅舎の旅-カーン駅

  • © Pierre Jeanson

  • © Dieter-Basse

  • © Pierre Jeanson

  • © Pierre Jeanson

  • © Pierre Jeanson

駅舎の旅-カーン駅 15, place de la Gare 14000 Caen fr

カーン駅(Gare de Caen)-駅舎の旅

 

カーン駅はパリ-シェルブール間の鉄道開設にともない1857年に開設された。その後、町の発展にともない駅の改築の気運が高まったが、改築ではなく1934年に後にカーン駅を設計することになるアンリ・ペコンがその任に付いた。主にホール部分が改装されたが、元の建物より高く、ガラス張りにしたモダンな空間が作られ、その外観もいかにも当時の建築の潮流であるアール・デコ様式となった。開設時の新古典主義建築とペコンが改装してアール・デコのホール部は不思議と調和がとれた建築物となっており、ペコンの才能と苦心が見て取れる駅舎となっている。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Fichier:Gare_de_Caen_janvier_2011.JPG

(開設時の駅舎はこれ→https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Caen_gare_ouest.jpg)

 

駅舎に時代性あり・・・度★★★☆☆

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 


見どころ

見どころ