駅舎の旅-トゥルーヴィル=ド-ヴィル駅

  • © Pierre Jeanson

    © Pierre Jeanson

  • © Dieter-Basse

    © Dieter-Basse

  • © Pierre Jeanson

    © Pierre Jeanson

  • © Pierre Jeanson

    © Pierre Jeanson

  • © Pierre Jeanson

    © Pierre Jeanson

駅舎の旅-トゥルーヴィル=ド-ヴィル駅 Place Louis Arma 14800 Deauville fr
 

駅舎の旅-トゥルーヴィル=ド-ヴィル駅(Gare de Trouville - Deauville)

 

ポン=レヴェック、トゥルーヴィル間の鉄道開設にともない最初のトゥルーヴィル=ド-ヴィル駅が作られたのは1863年のこと。1907年、1920年の改装を経ても観光客の増大に伴いより大きな駅にすることを決定。今日の駅の姿となった。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Fichier:Gare_de_Trouville_-_Deauville_12.jpg

ノルマンディー地方独自の建築様式でありながらも、当時の流行であったウイリアム・モリスが展開していたアート・アンド・クラフト運動やさらにはかつての日比谷にあった帝国ホテルの設計で知られるフランク・ロイド・ライトの影響も見出すことができる。リゾートの旅愁にあふれた落ち着くことができる駅。タバダー♪ダバダバダ、ダバダバダ♪


フランス国鉄ホームページ: http://www.sncf.com/

レイルヨーロッパのホームページ: http://www.raileurope-japan.com/

 

駅に着いたら一斉にダバダバダー♪と口ずさむたくなる度★★★☆☆

 
 
 
 
 
 
 


見どころ