ルーブル美術館━邸宅美術館━パリ

  • © ©dplowy

  • © D.R

  • © Myr Murotet

Physical DisabilityHearing ImpairmentVisual Impairment
ルーブル美術館━邸宅美術館━パリ Rue de Rivoli 75004 Paris fr

(他の建物から美術館に転用した美術館のご紹介)

 

フランスにおける「邸宅美術館」(なるジャンル分けができるとすれば)の真打はルーヴル美術館ということになるでしょう。世界最大級の美術館、世界最大級の史跡、収蔵品380,000点以上、総面積60,600平方メートル、世界で最も入場者数の多い美術館。。。

フランス王フィリップ2世が12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城からはじまり、幾度となく増改築が繰り返され、1874年までに現在の構成となったという。フランソワ1世以来ルイ14世まで、歴代フランス王の王宮として使用されていた、という邸宅中の邸宅といえる。

ルイ14世が、ヴェルサイユ宮殿へ移ると、ルーヴル宮殿王室美術品コレクションの収蔵、展示場所となり、さらにはなんと芸術家たちの住居兼アトリエとして提供されることとなったというから、いよいよ城塞を美術品と芸術家が守る時代がやって来たということになる。(?)

ルーヴル宮殿、1983年に、当時のミッテラン大統領が「大ルーヴル計画 (Grand Louvre)」を打ち上げ、それまでルーヴル宮殿内にあった財務省が移設され、宮殿施設全体が美術館となり、宮殿のかなり部分を来場者は見ることができるになったというわけである。



アドレス; Musée du Louvre 75001 Paris

ホームページ; www.louvre.fr/llv/commun/home.jsp


きっと歴代の王様も隅々までこの王宮をまわったことはないのでは度★★★★☆



 

詳細情報