おススメのラヴェンダー観光プラン、トップ5!

  • アヴィニヨンの教皇庁

    アヴィニヨンの教皇庁

    © 2015 - Elisa DETREZ et Maxime COQUARD - www.bestjobers.com – ADT Vaucluse

  • ラヴェンダーの絶景

    ラヴェンダーの絶景

    © 2015 - Elisa DETREZ et Maxime COQUARD - www.bestjobers.com – ADT Vaucluse

  • ラヴェンダーの絶景

    ラヴェンダーの絶景

    © 2015 - Elisa DETREZ et Maxime COQUARD - www.bestjobers.com – ADT Vaucluse

  • セナンク修道院

    セナンク修道院

    © 2015 - Elisa DETREZ et Maxime COQUARD - www.bestjobers.com – ADT Vaucluse

  • ゴルド村

    ゴルド村

    © 2015 - Elisa DETREZ et Maxime COQUARD - www.bestjobers.com – ADT Vaucluse

おススメのラヴェンダー観光プラン、トップ5! Avignon fr

プロヴァンスの象徴であるラヴェンダー。このラヴェンダーが満開となる時期には、ラヴェンダーの畑一面が青く波打ち、良い香りで満たされます。そして手作業で蒸留されるエッセンシャルオイル。こうした景色が見られるのはプロヴァンス地方の中でも一部の地域だけです。それではまず、このプロヴァンス地方の玄関口、アヴィニョンAvignonに向かいましょう。パリ(又はシャルル・ド・ゴール空港)からTGVに乗車すること2時間40分、ダイレクトでプロヴァンス地方の中心地、ヴォークリューズVaucluseに到着です。

 

ラヴェンダーの咲く時期は、リュベロンLuberon地域、ヴァルレアValréas周辺、ソーSault台地で6月半ばから7月下旬に渡ります。アヴィニョンからこの地域を訪れるには幾つかの手段があり、レンタカー、市内の様々なホテルから出発するツアー会社催行のミニバスによるエクスカーション、そしてガイド兼運転手付きの車を手配することも可能です。

 

もしラヴェンダーが満開となる時期にプロヴァンスを訪れることが難しい場合には、1年を通じて見学可能なラヴェンダーに関する様々な施設がありますよ。

 

おススメの « ラヴェンダー »観光プラン、トップ5 

 

1)ラヴェンダー博物館@ゴルドGordes 

この博物館は、家族経営により代々続くラヴェンダー栽培農家が所有しています。館内の見学順路とイヤフォンガイドにより、蒸留器のコレクション展示や所有者自身が撮影したビデオ上映コーナー、またヴァントゥー山Mont-Ventouxの麓に建つシャトー・デュ・ボワChâteau du Boisの説明について、訪問者が自由に、各自のリズムで館内を巡ることができます。館内の映像や画像から、オート・プロヴァンスHaute Provence地方の上質なラヴェンダーの植栽、収穫、蒸留について学んでみましょう。博物館の見学は約1時間で終了しますので、その後は併設のショップをご覧下さい。上質なラヴェンダーから蒸留されたエッセンシャルオイル、'シャトー・デュ・ボワ Château du Bois'ブランドの高品質な自然化粧品の様々なシリーズが、このショップ限定でお求めになれます。そして、このラヴェンダー博物館のすぐ近くにあるセナンク修道院Abbaye de Sénanqueの敷地に広がる、素晴らしいラヴェンダーの光景も是非ご覧ください。ロマネスク様式の簡素な作りの修道院周囲には、ここに住む修道僧たちによって実際に栽培されているラヴェンダー畑が広がり、その美しい風景は言葉では表現できないほどです。また修道院では、ラヴェンダーをベースとしたエッセンシャルオイルや香水も販売されています。

 

2)アロマ・プラントの蒸留所@ソーSault 

ヴァントゥー山の支脈で標高750mの高地、ソーに位置するこの蒸留所は、芳香&薬用植物の生産を専門とし、家族経営で無農薬栽培を行っています。リアルデ一Liardet家はラヴェンダー栽培も手掛け、畑に沿って整備された2ヶ所の小さな遊歩道には標識もあり、およそ10種類の植物を間近に観察することができます。蒸留所は一般公開され、その場で実際に乾燥させた植物からエッセンシャルオイルや芳香水を調合することができますし、アロマティック・バーでは、芳香植物や花から抽出したハーブティーやシロップの試飲がおススメです。 

 

3)ラヴェンダー栽培業者の館@ソー 

ソー村の中心にあり、この周辺の栽培業者たちによる様々な生産品、ラヴェンダーとラヴァンダン、乾燥させた花をいれた香り袋、ブーケ、エッセンシャルオイル、蜂蜜、芳香&薬用植物、ジャムなどを購入できます。

 

4)メゾン・ボワイエMaison Boyer@ソー 

メゾン・アンドレ・ボワイエmaison André Boyerは、手作りのヌガー専門店です。1887年より続く老舗ブランドで、ヴァントゥー山の丘陵で収穫されたラヴェンダーより作られた蜂蜜と、この地方で生産されたアーモンドという厳選された材料をベースに、黒と白のヌガーをこのアトリエで作り続けています。本当に美味しいんですよ!夏の暑い盛りにプロヴァンスを訪れた際には、ラヴェンダーのアイスクリームを召し上がりながらリフレッシュしましょう。プロヴァンスのみで味わえるデリシャスなラヴェンダー・アイスクリームを、どうぞご堪能あれ! 

 

5)シャトー・デュ・ボワのラベンダー・ショップ@アヴィニョン 

アヴィニョンに立ち寄るけれども、ラヴェンダー畑を訪れることができない、というあなた。ご心配には及びません。アヴィニョンでもラヴェンダーの魅力に触れ、お買い物ができる場所があります!法王庁宮殿の近くにあるシャトー・ドゥ・ボワのショップでは、ラヴェンダーに関する様々な商品を取り扱っています。

 

以上紹介した場所へのアクセスは?

- アヴィニョン発のツアー、又はプライベートツアー

- ローカルバス(チケットはアヴィニョンのバスターミナルで販売・購入): バス路線アヴィニョンAvignon ~カルパントラCarpentras、乗り換えてカルパントラCarpentras ~ソーSault

 

ラヴェンダーについてのより詳しい情報は、こちらからどうぞ(英語版)

 

 

 

 

 

Related videos

 
 

Sponsored videos