新着情報

  • パリの街は歴史と物語に溢れています。この街を観光し、楽しむための情報をまとめました。
  • 春のパリのアート・フェアとしてすっかり定着した「アート・パリ・アート・フェア」。会場グラン・パレでは、20か国から145のギャラリーが一堂に会し、写真、デザイン、美術書籍を含む幅広い分野の現代・近代アートを紹介します。
  • 毎年、その開催が楽しみに待たれるエルメス社主催の馬術障害飛越競技大会ソー・エルメス。
  • リヨン現代美術館がフランスで初めて、オノ・ヨーコの作品を集めた展覧会を行います。
  • 世界でも最大規模の凧揚げ大会であり、オパール海岸、ノール・パ・ド・カレ地方で開催される最も主要なイベントです。
  • 1982年に当時の文化大臣ジャック・ラングによって始められた音楽祭は、毎年6月21日に開催され、フランス全土をリズムで揺り動かします。
  •  
     
    • Now playing
      2016年のツール・ド・フランスは、ノルマンディー地方のモン・サン・ミッシェルからスタートします。 今大会は全3週間に及ぶレース期間中、毎週山岳ステージが設けられていて、クライマーにとって有利となるコース設定になっています。 第103回目の開催となる本大会の最初の3日間はマンシュ県海岸部の平坦区間で繰り広げられます。 その後、選手たちはフランス西部を南下していきます。まずはアンジェ、そしてリモージュまでの平坦区間を走り、スプリントやハイスピードが得意なタイプの選手に有利なコースとなっています。しかし、早くも翌日に山間部が待ち構えており、今大会最初の山岳ステージ(第5ステージ)は、中央山塊のル...
    • Now playing
      異教徒の祭りを起源とするカーニバルは、マルディ・グラ(告解火曜日)、これから四旬節が始まる、という時期に合わせて開催されます。断食、質素な食事の生活を前に、はめを外すことが許される最後の期間なのです。 ニースのカーニバルが絶頂期を迎えたのは、ベル・エポック時代のことです。その歴史は古く、1294年にプロヴァンス伯爵シャルル2世(アンジュー公)が、カーニバルの楽しい時期をニースで過ごすために訪れたことがその始まりでした。 現在、ニースのカーニバルは世界で最も重要なカーニバルのひとつに数えられています。趣向を凝らした化粧に、羽飾りのついた衣装、スパンコールにビーズ、パレードの山車や「巨大な頭...
    • Now playing
      第15回サッカーヨーロッパチャンピオンシップ UEFA EURO 2016™ 決勝大会が、2016年6月10日~7月10日にフランスで開催されます。開催国のフランスは開幕戦でルーマニアと対戦が決定。そのほかアルバニア、スイスとグループAで対戦します。 フランスでの開催は1960年、1984年に継いで史上3回目になります。優勝を目指して24ヶ国の男子ナショナルチームが試合を繰り広げます。 去年12/12(土)に行われた抽選結果:グループA:フランス(開催国)、ルーマニア、アルバニア、スイスグループB:イングランド、ロシア、ウェールズ、スロバキアグループC:ドイツ、ウクライナ、ポーランド、...
     
     
     

    Follow #RendezVousEnFrance on Social Networks