mail magazine

新着情報

  • 「美食の都」「絹の街」「金融の街」「ハイテクの街」、パリに次ぐフランス第二の都市にはさまざまな称号がある。
  • 今年もまた、普段自動車のための道路になっているパリの川岸が、海岸となって、歩行者、自転車、ローラースケーターのために解放されます。
  • プロヴァンスの中心、アヴィニヨン 中世に教皇庁が置かれたアヴィニョンには、数多くの史跡が残されています。まさにプロヴァンスの中心となっている、ぜひとも訪れたい都市です。アール・ド・ヴィーヴル(暮らしを楽しむ術)が浸透したこの活気ある街の魅力には、どんな趣味の人でも心を奪われてしまうでしょう。 教皇宮殿はヨーロッパ最大のゴシック宮殿です。14世紀に教皇が居住した場所で、街の中心地となっています。
 
 
  • Now playing
    2016年のツール・ド・フランスは、ノルマンディー地方のモン・サン・ミッシェルからスタートします。 今大会は全3週間に及ぶレース期間中、毎週山岳ステージが設けられていて、クライマーにとって有利となるコース設定になっています。 第103回目の開催となる本大会の最初の3日間はマンシュ県海岸部の平坦区間で繰り広げられます。 その後、選手たちはフランス西部を南下していきます。まずはアンジェ、そしてリモージュまでの平坦区間を走り、スプリントやハイスピードが得意なタイプの選手に有利なコースとなっています。しかし、早くも翌日に山間部が待ち構えており、今大会最初の山岳ステージ(第5ステージ)は、中央山塊のル...
  • Now playing
    酒井修一さん(パーパスジャパン社長)に聞く   「フランスという国は旅のテーマや、みどころが非常に多いですね。生活に密着したワインやグルメなどはもちろん、絵画や美術、建築などジャンルが他の国に比べて多いので、皆さん自分の趣味や目的に合わせて個人旅行をされるというのが、特徴的な旅のスタイルだと思います」   と語るのは、長年フランスのツアー旅行を手掛け、最近、書籍「理想の旅は自分でつくる!」を出版されたパーパスジャパン社長の酒井修一さん。フランスの旅の魅力について伺うと、趣味に合わせたフランス個人旅行の醍醐味を教えてくれました。   「...
  • Now playing
    大西洋海岸から地中海海岸まで。2つの海(レ・ドゥ―・メール)を結ぶ運河と南仏の空気に魅了されて走る、新しいサイクリング・ロードです。 太平洋と地中海を結ぶ750kmの自転車専用道路  太平洋から地中海までを横断する・・・。レ・ドゥー・メール運河のサイクリング道でならできるんです! ロアイヤンからセートまで700km以上に渡って整備されたサイクリング・ロードには、美しい景色、様々な自然遺産、建築遺産、豊かな食文化がそこかしこに点在。多種多様な遺産に恵まれ、他のサイクリング道では得られない魅力を秘めています。  河口、運河に導かれ レ・ドゥー・...
 
 
 

Follow #RendezVousEnFrance on Social Networks